FANDOM


Chapter 1
Play Novel Silent Hill - Harry Chapter 1 level
Harry in town after the wreck


Player
Harry Mason
Locations
Objective
Goal of the level
Enemies
Last level
None
Next level
Chapter 2

Guide

Prologue

Harry's chapter begins here. The player cannot make any decisions during this section.

1-1: Arrival

1-2: Ghost Town=

Transcript

Prologue
It's been a while since I've gone on vacation. Right now I'm in my car, driving toward "Silent Hill", a peaceful resort spot. The roar of the engine is echoing out into the night. Due to a little car trouble earlier, I haven't made it off the road yet.



My name is Harry Mason. I'm just a humble writer.



Cheryl is resting in the passenger seat, softly breathing as she sleeps.

She's my daughter.

She's like a ray of sunshine. Every now and then, I'll catch a glimpse of her carefree smile and can't help but feel just as happy.



My line of work really puts a damper on my social life, so I highly value Cheryl's company. She's looking awfully forward to this trip.



Even though the roads up here were paved, they were actually mountain roads. There weren't a lot of people out here this late at night, so I stepped on the gas. There wasn't much light out here to cut through the darkness. My headlights were all I could rely on.



Just then, a light reflected in my rear-view mirror. It was a motorcycle. They took advantage of the night too, speeding even faster in the same direction as us. Their exhaust roared and they glided down the shoulder of the road, right passed our car.



I caught a glimpse of a police emblem. Was there some kind of accident? If there were, I should've heard something about it reported over the radio.



Cheryl's still fast asleep. It's way passed her bedtime. I wonder what she's dreaming about. I'm taking her to the Amusement Park tomorrow. Maybe she's dreaming about riding on the Merry-Go-Round.



After glancing over at Cheryl for a moment, I focused my eyes back on the road. The headlights illuminated the road and guided us through the night, as if they had erupted from within the darkness itself.

Hm? I caught a glimpse of something in the light.



It's the motorcycle that just passed us. It was clearly the same bike, toppled over on the side of the road. The driver was gone. It looked as if they had swerved out of the way to avoid something in the road and crashed into the mountain side. The bike was obliterated where it made contact.





1-1: Arrival

Prologue
久しぶりの休暇だった。私は愛車を走らせている。穏やかなリゾート地「サイレントヒル」に向けて、暗闇の中にエンジン音を轟かせている。ちょっとした愛車のトラブルでこんな時間になってしまった。



私はハリー・メイソン。しがない物書きである。



助手席のシェリルは瞼を閉じ、小さな寝息を立てている。

シェリルは私の娘だ。

明るく活発で、時折見せる屈託のない笑顔は私を幸せな気持ちにしてくれる。



職業がら人との関わりが少ないこともあって、シェリルの存在は私にとってかけがえのないものとなっていた。今回の旅をシェリルはとても楽しみにしていたのだった。



舗装されているとはいえ山道である。この時間そうそう運転者がいるわけもない。私はアクセルを踏み込む。闇の向こうに光はない。ヘッドライトだけが頼りである。



ルームミラーに光が反射する。バイクだ。こんな真夜中に我々と同じ目的地に猛スピードで向かうバイクがいる。そのバイクは爆音を立て、悠々と私の運転する車の脇を通りすぎて行く。



警察の印章。事故でもあったのだろうか。ラジオでは事故に関する情報などなかったはずだが。



シェリルは眠っている。子供が起きている時間ではない。何の夢を見ているのだろうか。明日は遊園地に連れて行くことになっていた。回転木馬に乗る夢でも見ているのかもしれない。



私はシェリルの寝顔をちらと見やると、再び前方に視線を戻した。まるで闇から吐き出されるようにライトで照らされた車道が私の元へと流れてくる。ん?何かが私の視界に入る。



先ほどのバイクだ。路肩に横倒しになったバイクは、間違い無くさっき私を追い越していったバイクだった。運転者の姿はない。まるで何かの障害物を避けるかのように、側道の岩肌に激突してその一部は破壊されている。



私は慎重に車の滑り行く先を確認している。しかしヘッドライトで照らす限り進行の妨げとなりそうなものはない。不穏な空気が辺りに立ちこめている。ラジオの電波が不安定になって来ている。



引き返そうか、だが私の足は執拗にアクセルを踏み込んでそれをやめようとしない。
”もう引き返せない…”
私の内部で何かが呟く。
”さらにスピードを上げなさい…”
私の内部で誰かが呟く。



シェリルは目を閉じている。彼女は夢を見ている。私は覚醒しているはずだ。なのにこの胸騒ぎはなんだ?全身が自分のものではないような感覚。誰か、自分ではない得体の知れないものに動かされているような…浮遊感。

1-1 「到着」